解体する理由 | 新潟市中央区周辺の不動産をお探しなら柏新不動産株式会社にお任せ下さい。

柏新不動産株式会社

営業時間9:00~18:00定休日日曜・祝日

解体する理由

今日は花金!プレミアムフライデー!(もう誰も言ってないけどw)

皆さんお仕事のあとは夜の街へ探検に行きましょう!w

 

さて、全然関係ない流れですが売主さん側で売買の仕事をしていると、

ちょくちょく古い家屋の解体をして、更地にして引き渡すことがあります。

 

ほとんどの場合には、建物が古いため中古物件として売るよりも

土地として売る方が需要があるという理由かと思います。

もちろん別の理由で解体をすることもあります。

 

CASE1・「税金の特別控除を受けるため」

空家となった古屋付きの土地を売却する場合、要件を満たすことで

売却時の所得税の計算から 3000万円を控除できる特例を受けることができます。

(新潟の物件だとほとんど税金はゼロになると思います)

空家3000万特例についての詳細は国税庁のホームページなどに詳細があります。

わかりにくい場合には当社でも判断のお手伝いいたします(^^)/

 

CASE2「戸建のまま売れる状態ではないため」

過去にあった事例ですが、外観や1階は普通の中古戸建といった様子でしたが、

2階に上がろうとすると、、、ん?なんか獣くさいな・・・

階段の時点で普通ではない気配・・・ いざ2階へあがるとそこには

、、

、、、

ねこちゃん、

ねこちゃん、ねこちゃん、

ねこちゃん、ねk・・・・!!!

 

まあたくさんのねこちゃんが同居されてました(^^)/

ん~、これだけいればネズミは出ることはないなwなんて思いましたが

室内の状態はねこちゃんの楽園となっており、

壁、襖、障子は存在しておらず、まさかの天井までなくなっていましたw

さすがにそのまま戸建として売ることは出来ない状態でしたので

解体をすることにしました。

(匂いも結構なアクセントでしたのでw)

 

他にも様々な理由とドラマがありますが、書きにくい内容もあるので

このあたりでやめておきますw

日本の建物は木造で湿気が多い気候ということもあり、

スクラップ&ビルド(壊して建てる)がスタンダードになっていますが、

未来には手入れすることで半永久的に維持可能な建物が

できるといいなあと思いますね

(ごめんなさい解体業者さんw)

 

それでは、よい週末を~

投稿日:2019/09/27   投稿者:関 雄一